主婦主婦

ブログを読んでもらうにはどんな記事のタイトルがいいの?


財前財前

検索ユーザーが読んでみたい!と思わせるような記事タイトルにするのがおすすめです。ペルソナの設定があれば、その人物がどんなことを知りたがっているのか?どんな不安や悩みを解決したげっているのか?ターゲットが明確化してあれば、おのずと記事のタイトルも作ることができます。


前回の記事でペルソナ設定について解説しました。

ブログの記事タイトルも検索ユーザーが求めている情報を満足させるコンテンツだとタイトルを見ただけでわかる作り方がポイントとなります。

その他にも、検索ユーザーを読みたくさせるタイトルの付け方があるので、ここで、一つ一つのテクニックを解説していきます。

たくさんの訪問者に読んでもらう記事タイトルの付け方


Googleやヤフーの検索エンジンで検索しているユーザーは、常に求めている情報を探しています。ただ、検索結果には、たくさんの関連ブログが表示されるので、ユーザーは、タイトルで記事を読もうかどうかの判断を瞬時で行います。そして、タイトルに検索ユーザーの探している情報がないと判断されると、せっかく、上位表示できていてもクリックされないのが現実です。

検索結果からクリックされなければ、ブログも一切読んでもらえず、アクセスも集まらないし、収益化もできません。

ただ、記事のタイトルが、検索ユーザーの求めている情報があるとわかれば、クリックしてもらえる確率は圧倒的に高くなります。

さらに、タイトルが競合よりも魅力的で、ユーザーが読みたくなるようなものなら、クリック率はさらに高くなります。

ブログのアクセスというのは、ほぼ検索エンジンからの流入なので、どんなに質の高いコンテンツを書いていても、記事のタイトルが魅力的でなければ、誰にも読んでもらえないブログとなってしまう可能性が高いです。

せっかく、時間を書けて素晴らしいコンテンツを作っているなら、記事のタイトルにもしっかりと戦略を立てて作りましょう。タイトルの良し悪しで記事を読んでもらえるかどうかが決まってしまうので、今回の記事を参考に、読者が読みたいと感じる記事タイトルの付け方をマスターしてみてください。

ターゲットの関連キーワードを入れる


記事のタイトルには、検索ユーザーが一瞬でクリックしたくなる要素を入れるのがおすすめです。

検索ユーザーが一瞬で読みたくなる要素の一つが、ターゲットの関連キーワードをタイトルに入れることで、劇的にクリック率が上がります。

ペルソナ設定にてターゲットを明確化しているので、そのターゲットに向けて記事のタイトルも作っていきます。

例えば、ペルソナ設定が、30代女性の専業主婦で部分脱毛を検討している、とした場合の記事タイトルには・・・・

  1. 脱毛はじめての主婦必見
  2. 30代主婦におすすめ
  3. 脱毛サロンへ行く前に知っておきたい
  4. 主婦のお小遣いでも通える
  5. 託児所付き脱毛サロン

こんなターゲットをイメージした関連キーワードをタイトルに入れると、より多くのユーザーに読んでもらえるようになります。

記事タイトルには、ターゲットを明確にした文章を入れることが、とても有効とされています。

ペルソナを設定しておけば、ブログ全体のターゲットも明確化できるし、記事においても特定の人物像をイメージしてタイトル付けができるので、より魅力的な読みたくなるタイトル付けができるようになります。

タイトルの文字数を30文字までにする


ブログへの流入が検索エンジンなので、GoogleやYahooの検索結果だと、タイトルの長さは、長くても全角30文字までに工夫するのが、検索ユーザーに読まれやすいタイトル付けとなります。

記事タイトルが30文字超えになると、30字以降の文字が検索結果に表示されないで切れてしまいます。これだと文章が途中でいきなり切れているので、ユーザーにも分かりにくいし、魅力的とは言えないタイトルとなりかねません。

こちらGoogle検索結果ですが、検索結果の1位2位のタイトルが途中で切れています。
タイトルの最後が「…」となり、全部の内容が読めない状況です。

そうならないようにも、記事のタイトルは、全角30文字までに工夫して読者が読みたいと思うようなタイトル付けを考えましょう。

具体的な数字を入れる


記事のタイトルに具体的な数字を入れることで、読者にとってより魅力的なタイトルになります。

例えば、こちらの記事だと・・・
アフィリエイトの始め方|月5万円稼ぐ主婦脱出計画

「月5万円」という具体的な数字を入れることで、これからアフィリエイトを始めようとしている主婦の方には、月5万円なら私にもできるかも!?とタイトルから瞬時に感じてもらえる可能性が高いです。

ダイエット系の記事タイトルでも、「たった30日で!」、「このステップだけで」など、ダイエットをなるべく短期間で痩せたい方や簡単な方法を探している方には、読みたくなる記事タイトルとなります。

ターゲットとなる検索ユーザーが、どんな悩みを解決したいのかを常に意識することで、その不安や悩みを解決できる具体的な数字を入れるだけで、クリック率も大きく変わってきます。

記事のタイトルには、なるべく具体的な数字を入れることをおすすめします。

ブログ筆者の肩書をタイトルに入れる


検索ユーザーが記事タイトルを見て読みたくなる記事というのは、どんな人が記事を書いているのか?でクリック率も変わってきます。

例えば、私のブログなら、「子育て中シングルパパが会社辞めて在宅で稼ぐコツ」みたいな感じで、主婦で子育てしながら家事や育児の合間にちょっとしたお小遣いを在宅で稼ぎたいと考えている主婦層には興味を持ってもらえる肩書や経験談をタイトルに入れるのがおすすめです。

例えば・・・

  1. プロゴルファーが教えるスコアアップの秘訣
  2. 月100万稼ぐブロガーの文章の書き方
  3. 貯金1000万円専業主婦の節約術
  4. 元プロボクサーの簡単ダイエット術
  5. 現役銀行マンが教える資産運用

こんな感じで、元プロだったり、誰でもわかりやすい肩書があれば、記事のタイトルに入れると、より多くの検索ユーザーから興味をもってもらいやすいです。

特に、失敗談や成功例などの体験レビューを検索しているユーザーもとても多いので、どんな経験でも、タイトルに入れることでアクセスを劇的にアップできる可能性もあるのでおすすめです。

役に立つ情報だと簡単にわかる言葉を入れる


記事のタイトルに、検索ユーザーが求めている情報が解説されていると認識できる言い回しの言葉を入れると、ユーザーが読みたくなるタイトルになるのでおすすめです。

例えば・・・

  1. ●●の秘訣
  2. ●●の書き方
  3. ●●の節約術
  4. ●●術
  5. ●●の方法
  6. ●●のコツ

こんな言葉がタイトル末尾に入っているブログ見たことありませんか?

アフィリエイト関連のブログなんて、方法やコツなんていう言葉は日常茶飯事で見かけると思います。

より多くの検索ユーザーに記事を読んでもらおうと、私も含めみなさんいろいろな勉強をして記事タイトル付けをしているのが伺えます。

結局、検索ユーザーが求めている答えを分かりやすく解説しているコンテンツなら、それがタイトルで認識されるように作る必要があります。

検索結果をユーザーが見て、「探している答えがここにありますよ」と簡単に見つかれば、アクセスも急増できるし、収益もアップします。

SEOキーワードを意識したタイトルの付け方


記事のタイトルが検索ユーザーに100%満足されるものでも、検索結果の上位に表示されなければ、アクセスは増えません。

砂漠で迷子になった犬のように、誰にも会うこともなく、いずれ忘れ去られてしまいます。

ブログの記事は、検索ユーザーに読んでもらってなんぼです。読まれないなら、読まれるようにタイトルを変える必要があります。

ターゲットの悩みや不安を解決する方法だけでなく、タイトル付けには、SEO対策を意識したキーワードを入れることが重要となります。

  1. ペルソナを意識したタイトル付け=人に読んでもらうため
  2. 検索エンジンを意識したタイトル付け=クローラーに読んでもらうため

Google検索エンジンに狙ったキーワードで上位表示してもらうには、記事タイトルにSEOキーワードを入れつつ、検索ユーザーにもわかりやすいタイトルを作る必要があります。

記事タイトルの付け方というのは、この記事で紹介したすべての要素を凝縮して作ったタイトルというのが理想です。

アフィリエイト初心者の方には、最初から完璧なタイトルを作ろうとするのではなく、まず、この記事を理解した上で、記事タイトルを作り、アクセス解析を見ながら、修正しつつ、だんだんと検索ユーザーが読みたくなる記事タイトルの付け方を経験していくのがおすすめです。

一番早い上達方法は、記事をたくさん書くことです。結果、自然といい感じのタイトル付けができるようになってきます。

検索ユーザーがつい読みたくなる記事タイトルの付け方まとめ


記事タイトルの付け方をいろいろと紹介してまいりましたが、いかがでしょうか?

少しは、役に立つ情報を提供できたのでしょうか?

私もまだまだアフィリエイト新参者なので、偉そうなことを言えない立場なのですが、ブログを作るにしても、記事を書くにしても、タイトル付けをするにしても、常に意識したいのは、ターゲットとなる架空人物です。

ペルソナを作り上げておけば、収益化する可能性も一段と高くなるはずです。

誰に対して記事を書くのか?

ここを明確にしておくことで、記事タイトルも読まれやすいタイトル付けができると思います。

逆に、ターゲットが明確でないと、誰に対して何を書いているのか?わからないタイトルとコンテンツになる可能性があります。

また、記事タイトルが検索ユーザーの心に刺さっても、肝心のコンテンツが薄っぺらだと、まるで意味がありません。

せっかく検索エンジンから集客できても、一瞬で記事から離脱して、別のブログへ去ってしまいます。

なるべく滞在時間を長くできれば、それだけ、他の記事も読み回してもらえる確率が上がりますし、結果、成約率も上がります。

タイトルだけに意識するのではなく、検索ユーザーがどんな情報を求めて、求めている情報が記事に明確に書かれているのかを確認しながらコンテンツを作り上げるのがおすすめです。