今回は、集客できるWordPressブログのキャッチフレーズ設定方法を解説します。タイトルと一緒にキャッチフレーズもSEOを意識したキーワード選びが必須。変更や非表示にする方法も解説します。

主婦主婦

WordPressのキャッチフレーズって必要なの?


財前財前

WordPressテンプレートによっては、不要の場合もありますが、私が利用している賢威テンプレートでは、Google検索エンジンに対して、どんなブログなのかを120文字以内で説明する必要不可欠な設定となっています。


検索エンジンは、WordPressのキャッチフレーズ(メタディスクリプション)の概要を一つの要素として、ブログの内容を判断しています。

つまり、キャッチフレーズの設定によって、検索結果からのアクセスも変わってくるということになります。

このキャッチフレーズを設定しておくと、Googleやヤフーの検索結果に表示されるブログの概要となる場合があるので、検索ユーザーに一目で興味を持ってもらえるようなキャッチフレーズ作りがおすすめです。

Googleの検索結果に表示される当ブログのキャッチフレーズ。

ブログのタイトルと同じように検索ユーザーが一瞬で興味をもってもらえるような文章で作成することがポイントとなります。

ここでは、検索ユーザーが読みたくなるようなWordPressのキャッチフレーズ作り方などを解説していきます。

WordPressブログのキャッチフレーズ設定方法

まず、WordPress管理画面にログイン後、[ダッシュボード]>[設定]>[一般]を開きます。
ここでキャッチフレーズを設定できます。

WordPressブログのキャッチフレーズには、ブログの説明を入力するのですが、この文章は、120文字以内でSEOキーワードを入れて読者の興味をそそる内容である必要があります。

ここでは、読者に刺さるキャッチフレーズの書き方などを解説していきます。

キャッチフレーズの決め方




基本的に、ブログのタイトルに入りきれなかったキーワードを盛り込んで書くのがキャッチフレーズとなります。

GoogleやYahooなどの検索結果で、検索ユーザーが一瞬でブログや記事の内容がわかるタイトルとキャッチフレーズがおすすめです。

検索ユーザーが求めている内容や答えが、タイトルやキャッチフレーズから一瞬で判断できれば、クリックしてもらえる確率は高くなるからです。

逆に、ここでクリックしてもらえないと、誰も訪問しないブログになってしまいます。

また、SEOを意識したキーワードも入れておかないと、そもそもの検索結果に表示されず、アクセスが集まりません。

キャッチフレーズを決める場合、ターゲットが求めている答えをタイトルとキャッチフレーズに盛り込み、GoogleやYahoo検索結果に表示されるようにSEOも意識したキーワードを上手に組み合わせて文章を構成することが求められます。

例えば、私のブログだと・・・

子育てパパでシングルファザーでも、子育てしながら在宅アフィリエイトで稼げるのか?生れたときから持病のある子供と一緒に苦戦しながら起業家を目指すブログ。

となっています。

これが節約系の特化型ブログだと・・・

節約して年間100万円の貯蓄を目指すブログ。20代30代から節約すれば、60歳までに4000万円貯蓄して、老後もお金の心配することなく、精神的にゆとりのある人生を目指す節約ブログです。

こんな感じで、節約するとどんな目標を達成できるのか?達成できたのか?成功事例や実体験などをキーワードに入れて読者に刺さる文章を作るのがおすすめです。

キャッチフレーズを非表示にする設定方法

まず、WordPress管理画面にログイン後、[ダッシュボード]>[設定]>[一般]を開きます。
ここのキャッチフレーズを「空欄」にすれば非表示となります。

これでヘッダーに表示されていたキャッチフレーズは消えたと思います。

キャッチフレーズ設定方法まとめ

WordPressのキャッチフレーズは、賢威7テンプレートを利用していれば、簡単に設定変更ができるのでおすすめです。

タイトルとキャッチフレーズは、今でもGoogleなどの検索結果に影響する項目とされているので、より多くの検索ユーザーにクリックしてもらう為に、インパンクとのある文章を作ることがポイントとなります。

SEOに強いタイトルとキャッチフレーズで上位表示させて、ユーザーが読みたくなるタイトルとキャッチフレーズでブログにアクセスしてもらうような仕組みを作ることが、収益を大きく増やす方法となります。

どちらもしっかりとした対策をして、ターゲットとなる架空人物をイメージしたタイトルとキャッチフレーズ作りが重要となります。

一つ一つじっくりとブログ設定をすることで、とても効果のあるSEO対策にも繋がります。

以上、お疲れ様でした。