今回は、Googleサジェストでブログ記事タイトルを見つける方法を解説します。

特化型ブログで検索ボリュームの多いサブキーワードを見つけて、記事タイトルを作ることで、アクセスを集めやすい記事を書くことができます。Googleサジェストを利用することで、ロングテールを狙ったSEO対策もできます。

無料ツールですが、ジャンル選定やキーワード選定に利用しているアフィリエイターもたくさんおり、とても優秀な便利ツールとなっています。

Googleキーワードプランナーは、2016年夏頃から無料では使えなくなってしまいました。それまでは、特化型ブログやサイトアフィリエイトのキーワード選定としてメインツールとして使っていたのですが、突然、一部の機能が使えなくなり困りました。

結局、広告費を1,000円ほど支払うと全機能が使えるようになったのですが、今回、解説しているGoogleサジェストは無料ツールなので、アフィリエイト初心者でも簡単に利用することができます。

Googleサジェストで特化型ブログのサブキーワード見つけ方【使い方】

私の場合、Googleサジェストで、特化型ブログのサブキーワードを探して、ブログの記事を書くように意識しています。

ジャンル(テーマ)選定などは、Googleキーワードプランナーを使って、ブログ記事のタイトルやコンテンツ内での見出しタイトルに、Googleサジェストで探したサブキーワードを使うようにしています。

Googleサジェストで探せるサブキーワードというのは、つまり、ロングテールを意識したキーワードです。ブログのタイトルや記事に、検索ボリュームの高いサブキーワードを入れることで、SEO効果の高い記事を書くことができます。

それでは、Googleサジェストの基本的な使い方について解説していきます。

1.検索窓にキーワードを入力して、検索をクリック

時間帯により検索結果が表示されるまでに30秒以上かかるときがあります。


2.検索結果を確認

正常に検索できれば、「検索結果:1059 件のキーワード候補が見つかりました。」と表示されます。
※サーバーが混雑していると、ここの結果が0件と表示されてしまうので、その場合、1時間後ぐらいに再度、検索します。


3.キーワード候補一覧をチェック

検索結果を下にスクロールすると、「キーワード候補一覧」が表示されています。
ピンク枠の「+」をクリックすると、さらに、関連キーワードを確認することができます。


4.検索結果のCSVを取得

スクロールして少し戻ると「CSV取得」というボタンがあるので、こちらをクリックして検索結果データをダウンロードします。


5.ブラウザ下部にてCSVファイルを保存

「keyword.csv」というファイルがダウンロードされ、パソコン上に保存します。


6.保存した「keyword.csv」ファイルを確認



7.「keyword.csv」ファイルをエクセルで開く

ピンク枠の複合キーワード列をコピーします。


8.コピーした全キーワードをGoogleキーワードプランナーで検索ボリュームをチェック

「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックします。
Googleキーワードプランナー


9.コピーした複合キーワードを「キーワードを入力」へ貼り付け

「キーワードを入力」へ複合キーワードを貼り付け後、「検索ボリュームを取得」をクリックします。
※コピーしたキーワードが多すぎるとエラーとなるので、その場合は、2回に分けるか、ファイルから検索ボリュームを取得する方法もあります。


10.取得した結果から月間平均検索ボリュームをチェック

検索ボリュームが多いキーワードを拾って、ブログの記事を書いたり、サブキーワード選定の参考にします。


以上が、Googleサジェストでブログ記事タイトルを見つける方法となります。Googleサジェストに関しては、無料だし、Googleキーワードプランナーも利用することで、記事タイトルやコンテンツにマッチしたサブキーワードを見つけられます。

今回は、Googleサジェストの使い方とGoogleキーワードプランナーを使った応用編も一緒に解説しましたので、キーワード選定や記事タイトル付けで悩んだら、Googleサジェストを利用してみてください。

Googleサジェストの使い方まとめ


最後に、特化型ブログでGoogleサジェストを利用するポイントは、ロングテールを細かく拾ってアクセスを集めるのが狙いです。

特化型ブログの場合、まず、メインキーワード周辺の関連キーワードでロングテールを拾うことでブログにアクセスを集めて、継続的に記事を更新することで、さらに、ミドルレンジのキーワードも拾うことを目的としています。

Googleサジェストを使って記事タイトルやコンテンツを構成することで、検索ボリュームが多い複合キーワードからアクセスを集めやすくなります。

自分で考えて記事のタイトルを作成するのも良いと思いますが、短期間でアクセスを集めるには、検索ボリュームの多いキーワードで、ロングテールを拾う方法も効率的となります。