エクストリム(EXTREM)サーバーにWordPress+賢威7をインストールして規模の大きな特化型ブログを運営しているのですが、サーバーが不安でエラーも多いので、今回、エックスサーバーへ丸ごと移転(移行)することにしました。

エクストリムからエックスサーバーへの引越しは未経験だったので、苦労も多いのかと思いきや、意外にも1時間ほどで引越し完了できたので、私が移転した手順をメモしておきます。

今後もWordpressの引越しすると思うので、自分でも忘れないように記事に残しておきます。

何点か注意したい手順があるのですが、予想よりも短時間で完了したので安心しました。

それでは、エクストリムからエックスサーバーへWordPressの移転(移行)方法を解説していきます。

1時間でデキル!エックスサーバーへWordPressを移転(移行)する方法

まず、エックスサーバー(引越し先)にて移転の準備をしておきます。

※今回引越しするドメインは、お名前.comで管理しているので、これから行うエクストリムとエックスサーバーでの作業をしても、ブログには何も影響がありません。

影響が出るのは、手順の一番最後に、お名前.comにてネームサーバー(DNSサーバー)をエクストリムからエックスサーバーに変更してからとなります。

ネームサーバー変更するまでは、第3者からブログを見ても何も変化はありません。
※サーバー移転でミスなどがあれば別ですけど(汗

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

▼サーバーパネル
https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

エックスサーバー会員登録後に送信されるメール内に、サーバーIDとサーバーPWが記載されています。
※ユーザーアカウント情報ではなく、サーバーアカウント情報なので間違わないように注意。

【ステップ①】エックスサーバーでドメイン設定方法

サーバーパネルへログイン後、ドメイン設定にて引越しするドメインを登録します。

ピンク枠「ドメイン設定」をクリックします。


①ピンク枠に移転するドメイン名を記入します。
②「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。
これでエックスサーバーにドメインが登録されました。


【ステップ②】エックスサーバーでデータベース作成

サーバーパネル画面メニューの[データベース]>[MySQL設定]をクリックします。


[MySQL設定]>[MySQL追加]をクリックします。


①MySQLデータベース名をローマ字で記入します。
※データベース名は、区別しやすい名前がおすすめ!例えば、「datsumo」など。
②「MySQLの追加(確認)」をクリックします。
※文字コードは、「UTF-8」です。


「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。


データベース追加が完了したら次にMySQLユーザを追加します。

[MySQL設定]>[MySQLユーザ追加]をクリックします。


①MySQLユーザIDをローマ字で記入します。
②パスワードを記入します。
③「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。


「MySQLユーザの追加(確定)」をクリックします。


これでデータベースとユーザが追加されました。

[MySQL設定]>[MySQL一覧]をクリックすると、新しく追加したデータベースとユーザを確認できます。


Xserverのドメインやデータベース設定に関しては、エックスサーバー公式マニュアルでも解説されているので確認してみてください。

▼エックスサーバー公式マニュアル
https://www.xserver.ne.jp/manual/

【ステップ③】エクストリムサーバーで全データをダウンロード手順

ここからは、引越し元となるエクストリムサーバーでの設定方法を解説していきます。

基本的に、現在運営中のWordPressで利用している全ファイルをパソコンに一旦、ダウンロードしておきます。

私は、ワードプレス全ファイルをダウンロードするのに、「FFFTP」を利用しました。

WordPressのファイル量が多かったのでエラーになるかと不安だったのですが、フォルダーごと個別にダウンロードすることで問題なくダウンロードできました。

多分、一括ダウンロードもできると思うのですが、WordPressファイルの大きさによりエラーも出る可能性はあるのかと思います。

フォルダーごとにダウンロードするのが確実です。

FFFTPでのWordPressファイルのダウンロード方法ですが、
まず、FFFTPにて引越し元のエクストリムサーバーへ接続します。

右枠「web」をダブルクリックします。


右枠「go」をダブルクリックします。
※移行するブログのフォルダー名を開きます。


①ピンク枠内の全WordPressファイルを②パソコン上へダウンロードします。
※私は、フォルダーごとにダウンロードしました。


これで、エクストリムサーバーからWordPress全ファイルがダウンロード完了しました。

次に、ダウンロードしたファイルの中から「wp-config.php」を編集していきます。


パソコン上にある「wp-config.php」を秀丸などのテキストエディタで開いて、エックスサーバーの情報に書き換えます。

①~④項目をエックスサーバーの情報へ書き換えます。
※ピンク枠以外の項目は変更しません。


①データベース
②ユーザー名(アクセス権所有ユーザー)
③パスワード⇒MySQLで設定したパスワード
④データーベースホスト
エックスサーバーパネルの[MySQL設定]>[MySQL一覧]から確認できます。
※③パスワードは、データベース作成時に自分で作成したパスワードです。


「wp-config.php」編集が完了したら、テキストエディタを保存します。


【ステップ④】エックスサーバーへWordPress全ファイルをアップロード手順

FFFTPでエックスサーバーへ接続後、移転したいドメインのフォルダーをダブルクリックします。


〔public_html〕をダブルクリックします。


①全ファイルを②〔/ドメイン名/public_html〕直下にアップロードします。
※①エクストリムからダウンロードした全ファイルです。編集後の「wp-config.php」も一緒にアップします。

全ファイルのアップロードには、少し時間がかかるので、しばらく放置しておきます。


【ステップ⑤】MySQLエクスポート手順[エクストリム側]

次に、エクストリムからデータベースをエクスポートして、エックスサーバーへインポートする手順を解説していきます。

まず、エクストリム管理画面の[データベース]をクリックします。


[MySQL設定情報]のピンク枠内のURLをクリックして、「phpMyadmin」ログインページを開きます。


ユーザー名(MySQLユーザー名)
パスワード(MySQLパスワード)
を入れて、「実行」をクリックしてログインします。


移転したいデータベースを選択します。
※ブログをたくさん管理していると似たようなデータベース名があり間違いやすいので、移転させたいデータベースかをしっかりと確認しましょう。


「エクスポート」をクリックします。


設定は下記画面のままで「実行」をクリックします。


ダウンロードフォルダを確認すると、エクスポートされたデータベースファイルを確認できます。


これでエクストリムからのデータベースのエクスポート作業は完了です。

【ステップ⑥】MySQLインポート手順[エックスサーバー側]

エクストリム側でデータベースのエクスポートが完了後、続いて、移転先のエックスサーバー側でのデータベースのインポート手順を解説します。

まず、エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。
ログイン後、左メニュから[phpmyadmin(MySQL5.7)]をクリックします。


phpMyAdminログイン画面にて、
ユーザー名⇒MySQLユーザ名
パスワード⇒MySQL接続パスワード
入力して「OK」をクリックします。


phpMyAdminログイン後、
①移転するデータベースをクリックします。
②「インポート」をクリックします。


[参照]をクリックして、エクストリムでエクスポートしたデータベースファイル(データベース名.sql)を選択して[実行]をクリックします。


インポートが正常に終了と表示されれば、エックスサーバーへのインポートが完了となります。


これで、WordPressをエクストリムからエックスサーバーへ移転(移行)する準備がほぼ整いました。

残りの作業は、ドメインを取得したお名前.comにて、ネームサーバーをエクストリムからエックスサーバーに変更すれば、WordPress引越しは完了です。

【ステップ⑦】お名前.comのネームサーバー設定方法

お名前.comへログイン後、ドメイン一覧でネームサーバーを変更したいドメインを検索します。
ネームサーバーの[変更する]をクリックします。


ネームサーバーの設定画面にて、必須となっている
1プライマリネームサーバー⇒ns1.xserver.jp
2セカンダリネームサーバー⇒ns2.xserver.jp
ここにエックスサーバーのネームサーバーを記入後、[確認画面へ進む]をクリックします。


お名前.comでエックスサーバーへネームサーバーを変更後、私の場合、移転したブログがインターネット上に表示するまでに3~4時間かかったと思います。

状況により、反映される時間は、短かったり長かったりするので、もし、ブログが表示されない場合、翌日まで待ってみて、それでも表示されなければ、引越し手順ミスかもしれませんので、再度、引越しの手順を確認してみてください。

私は、最初にエックスサーバーに移転したとき、エクストリムのデータベースをエクストリームへインポートするのを忘れていて、慌ててインポートしました(汗。