WordPressで特化型ブログを構築すると、記事も100件超えとなる場合も多々あります。そうなると、記事に利用する画像も相当な数をブログにアップロードされることになります。

このメディア設定では、ブログにアップロードする画像サイズを指定することができます。

私は、WordPressをインストールした場合、賢威テンプレートを利用するので、今回は、賢威に適したメディア設定の方法を解説していきます。

WordPressのメディア設定

WordPressに画像を1枚アップロードすると、オリジナルサイズとは別に3サイズの画像が自動生成されています。

これ意外としらないブログ運営者も多いみたいです。

オリジナルサイズ以外の画像というのが、今回、メディア設定で変更できる

  1. サムネイルのサイズ
  2. 中サイズ
  3. 大サイズ

という3サイズがデフォルトになっています。

この3サイズが表示されるのが、記事の編集画面です。

記事に画像を挿入したい場合、「メディアを追加」ボタンをクリックして画像をアップロードします。

そのアップロードした画像を記事に挿入する際、画面右下に4つのサイズが選択できるようになっています。

4つのサイズは、この画像だと下記の通りです。

  1. サムネイル(150×150)
  2. 中(300x300)
  3. 大サイズ(580x443)
  4. フルサイズ(803x613)

つまり、メディア設定で指定したサイズが、ブログへの画像挿入する際に表示されるようになっています。

私のブログでは、賢威テンプレートを利用しているので、画像サイズも賢威に適したサイズに変更しています。

下記が私の画像サイズです↓

  1. サムネイルのサイズ(150×150)
  2. 中サイズ(300x1000)
  3. 大サイズ(580x2000)

WordPressのテーマに「賢威」を利用している方は、上のメディア設定にするのがおすすめです。

また、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」ですが、私はチェックしていません。

というのが、ここにチェックを入れていた頃もあったのですが、チェックを入れると、年月ごとにフォルダーが自動的に作成され、アップロードした画像が保存されます。

記事数が多くなると、年や月も多くなりフォルダーの数も増えてしまい、画像を探したい時など、フォルダーごとに確認する必要がありとても不便な経験をしました。

また、今後、サーバーを引越しする場合、「upload」フォルダーだけに全画像が保存されたいた方が、画像を移行しやすいことにも気づきました。

色々と経験した結果、私は、一つのフォルダーに全画像を保存したいので、ここにはチェックを入れていません。

最後に、「変更を保存」をクリックすれば、メディア設定の完了となります。

お疲れ様でした。